日本HP、医療機関向け製品の提供を本格化、医療画像などの集約管理ストレージを投入

ニューズフロント 2007年04月02日 15時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは4月2日、国内で医療機関向け製品の提供を本格化すると発表した。病院内システムの共通化インフラ(DHI)、医療画像データなどの保存/管理(ILM)、RFID(無線ICタグ)による患者、機器管理の3分野で事業を展開する。

 まずは同日より、医療画像や診察記録の保管用ストレージ「HP StorageWorks Medical Archive Solution」を販売開始する。同製品は医療機関で撮影した高精細な3Dや4D(3D動画)データなどを集約し、ネットワークを通じて各部門に提供する。

 医療機関は、部門ごとに導入している画像情報システム(PACS)や文書管理システムのデータを移行し、より効率よく運用できるという。またストレージをモジュール化しているため拡張が容易で、データが急増した際もテープやDVDに保管せずに済み、検索、閲覧にかかる時間とコストの削減が図れるとしている。

 通信プロトコルには医療業界用のDICOMに加え、CIFSとNFSを採用。汎用アプリケーションと連携する。米国の食品医薬品局(FDA)の定めた信頼性基準と、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)によるデータ運用の安全性基準に準拠する。

 HP StorageWorks Medical Archive Solutionの価格は、5テラバイトのモデルが1350万円。日本HPでは、専用ウェブページを通じて、医療機関向け製品の最新情報を提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!