MS、セキュリティアップデートを公開--Windowsアニメーションカーソル処理の脆弱性を修正

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月04日 11時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは月例パッチのリリース予定日より1週間早い米国時間4月3日、Windowsのセキュリティアップデートを公開した。

 Microsoftは、Windowsアニメーションカーソル処理の脆弱性を悪用した攻撃がすでに始まっていることから、月例パッチのリリース日を待たずに、修正パッチの公開に踏み切った。影響を受けるソフトウェアにはWindows Vistaも含まれる。アップデートには、そのほか6件のWindows脆弱性に対処するパッチも含まれている。

 このたびのセキュリティ情報「MS07-017」で修正されたWindowsアニメーションカーソル処理の脆弱性は、「緊急」レベルに分類されている。

 この脆弱性は、ユーザーが悪質なウェブサイトを訪問した場合、または特別に作成した電子メールメッセージを表示した場合に、リモートでコードが実行される恐れがあるというもの。

 脆弱性の詳細が先週ネットで明らかにされると、攻撃者らはすぐにこれを悪用し始めた。セキュリティベンダーのWebsenseは、バグの悪用を試みるウェブサイトを100カ所以上と、これらの悪質なサイトへのリンクが張られたスパムメール活動を1種類発見している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!