NEC、50ページ/分の高速印刷を実現したA3対応モノクロレーザプリンタを発売

CNET Japan Staff 2007年04月10日 19時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは4月10日、新エンジンの搭載により最高50ページ/分の高速印刷を実現したA3対応モノクロレーザプリンタ「マルチライタ4600」の販売を開始した。4月20日より出荷開始される。

 マルチライタ4600に搭載された新エンジンでは、最高50ページ/分の高速印刷が可能。両面印刷機能を標準搭載し、両面印刷時も同速の50ページ/分を実現している。また、電源投入からのウォームアップ時間を45秒に短縮するなど、印刷工程全体での高速化を図っている。 エンジンの基本設計を見直すことにより、装置寿命は最大300万ページとなり、従来機の200万ページに比べ約1.5倍と、耐久性も強化されている。

 そのほか、用紙対応力も強化された。第1ホッパを除いたすべてのホッパから、坪量215g/平方メートルまでの厚紙を給紙可能となっている。また、定形外用紙に対応した用紙カセットを標準で装備する。

 消費電力の低減や、環境への配慮も行われており、スリープモード時には、11ワット以下という低消費電力を実現している。また、「グリーン購入法」や「国際エネルギースタープログラム」に適合するほか、「エコマーク」を取得し、RoHS指令にも対応する。

 希望小売価格は49万8000円。

マルチライタ4600 最高50ページ/分の高速印刷を実現したA3対応モノクロレーザプリンタ「マルチライタ4600」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから