フルーク、携帯型ネットワークテスター新製品「LinkRunner Pro」を出荷

CNET Japan Staff 2007年04月18日 12時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フルークは4月17日、携帯型ネットワークテスター「LinkRunner」シリーズに、新たに機能強化した新製品「LinkRunner Pro」を追加し、出荷を開始した。価格は14万8000円から。初年度1500台の販売を目指す。

 新製品は、ネットワークの障害原因の80%を占めるとされる物理層とデータリンク層のテストを行うための携帯型ネットワークテスター。ギガビット・イーサネットや、IEEE802.1X、PoE(Power over Ethernet)などに対応し、競合問題解決に対して、包括的なリンク状態に関する試験レポートを提供してくれる。

LinkRunner Pro LinkRunner Pro

 また、PoE試験をIEEE 802.3af規格に基づき実行し、CiscoやExtreme、およびLink Layerディスカバリー・プロトコル(CDP/EDP/LLDP)を使用して最も近いスイッチを見つけることもできるという。LinkRunner Proを用いれば、ネットワークに対して1秒間1000Mバイトまで、リンクスピードのネゴシエーションを行い、最大10のキー・デバイス、またはURLに対するPing試験が実施できます。

 IEEE802.1Xは、PCを認証してからLANに接続するための技術。一般的なLANスイッチはケーブルをポートに接続するとすぐLANにつながるが、802.1X対応のLANスイッチは,ケーブルを接続してもすぐLANにつながらず、接続されたPCを認証し、正しい利用者であると確認してからLANにつなぎ、認証によってLANスイッチの接続ポートを開けたり閉めたりする。無線LANのアクセス・ポイントでも同じ機能を果たす。

 PoEは、データ通信用のイーサネットケーブルを使って、ネットワーク機器が動作するのに必要なだけの電力を送信するための技術を指す。IEEE P802.3afとして標準規格となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?