マイクロソフト、コンプライアンス/内部統制にかかわる監査ガイドを無償公開

ニューズフロント 2007年04月20日 15時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは4月20日、企業内でコンプライアンス/内部統制にかかわるIT担当者向けの監査ガイドライン「マイクロソフト サーバー製品のログ監査ガイド」を無償公開した。現在ウェブサイトで5種類の文書をPDF形式で提供している。

 この監査ガイドは、ログ監査の方法と留意点をまとめた文書。マイクロソフトでは、「監査コストや工数、膨大なログに重要な情報が埋もれてしまうような事態を回避し、ユーザーのアクセスコントロールや、不正利用などの有事に備えたログの記録および監査を行うために、必要なログと監査の手順および確認点について記述した」と説明する。

 現時点で、「ファイルサーバー上のファイル操作における監査」「印刷ジョブについての監査」「タスクについての監査」「Active Directory上の各種操作における監査」「データベースサーバーにおける監査」という5つの文書が入手可能。今後、「Active Directory上の各種操作における監査」「データベースにおける監査のガイド」という文書の公開も予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから