NEC、サービスプラットフォーム構築ソリューションを提供開始

ニューズフロント 2007年04月23日 15時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは4月23日、サービス提供用基盤システム(サービスプラットフォーム)向け構築ソリューションの販売を開始した。

 この構築ソリューションは、他社や個人などへの各種サービス提供時に必要な基盤システムを構築するための、企業向けソリューション製品。NECのミドルウェアや各種システムを組み合わせて全体を構成するほか、コンサルティングサービスも用意する。

 「アプリケーションサービス領域」「基本サービス領域」「プラットフォームマネージドサービス領域」という3つの領域が対象。各領域で提供可能なサービスは以下の通り。

  • アプリケーションサービス領域:「コラボレーション」「業種(業種特有のサービス)」「映像」というアプリケーションサービス
  • 基本サービス領域:「情報管理/活用」「セキュリティ」「コミュニケーション」などの業種を問わないサービス
  • プラットフォームマネージドサービス領域:「自律型統合運用管理基盤」「オンデマンドホスティング基盤」「オンデマンドストレージ基盤」「オンデマンドシンクライアント基盤」を組み合わせたマネージドプラットフォームサービス

 NECでは、今後3年間で約8000億円の同構築ソリューション出荷を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?