ループス、コミュニティサイトの運営代行を開始--SNS構築のノウハウ応用

ニューズフロント 2007年04月26日 19時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ループス・コミュニケーションズは4月26日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などの設置を検討する企業に向け、運営業務を代行する「コミュニティ総合管理サービス」を開始すると発表した。従来のSNS構築で蓄積したノウハウを応用し、導入コンサルティングや事務局運営、不正利用の監視、活性化促進を行う。

 ループスの新サービスではまず、顧客企業が計画するコミュニティサイトの主旨を確認し、最適な利用方法を提案。運営ポリシーの作成や対象ユーザーの行動特性調査、FAQの事前準備、問題処理基準の策定などを手がける。

 また運用ポリシーに基づいて、コミュニティサイト内の巡回を実施。目視やツールを組み合わせて問題のある投稿を随時検出、処理する。これに加え事務局としてユーザーからの問い合わせを受け付ける。併せてユーザー対応マニュアルを作成し、緊急通報体制の整備やユーザーとの通信記録の保存も行う。

 このほかコミュニティサイトの活性化に向け、公式ブログの開設やコメントの投稿、イベントの企画などを提案する。SNSをはじめ、Q&Aサイト、ブログサービスなど多様なコミュニティサイトに対応するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?