マイクロソフト、企業向けID管理ソリューション「Microsoft Identity Lifecycle Manager 2007」を発表

CNET Japan Staff 2007年05月02日 17時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは5月2日、企業内のID情報の統合と管理の自動化ソリューションを実現する「Microsoft Identity Lifecycle Manager 2007(ILM 2007)」の提供を、2007年5月1日より開始した。

 ILM 2007は、「Microsoft Identity Integration Server 2003(MIIS)」の後継製品。MIISの機能に証明書とスマートカード管理機能を追加し、IDライフサイクル管理を強化している。

 ILM 2007は、複数システム間で利用するID情報の同期、証明書の発行管理およびユーザープロビジョニングの機能を提供。企業内システムに散在するIDに一貫性を持たせることで、不要なIDの排除や不適切なアクセス権付与を防止し、人事異動などにともなうID情報の更新を各システムに迅速に反映できる。

 また、ID情報の一元管理により管理者の負荷を軽減。エンドユーザーは、複数のシステムに対して単一のユーザーアカウントとパスワードが利用でき、生産性の向上が実現される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?