MSA、保存機能に絞り低価格を実現した電子メール検閲アプライアンス

WebBCN (BCN) 2007年05月18日 11時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MSA(岡田純一代表取締役)は、企業の電子メール監査・保存が行える電子 メール検閲アプライアンスサーバー「MAILPATROLシリーズ」で、低価格モデル 「MAIL PATROL Lite」を7月上旬に出荷すると発表した。価格は49万8000円。

 メール保存機能に特化することで、従来機種の半分まで価格を抑えた。300 アカウント規模の全送受信メールを、約3-6か月の間、保存・管理できる。メー ルデータ検索を搭載しており、キーワードやアドレス条件などで全文検索がで きる。CSV形式でのダウンロードにも対応。操作はブラウザで行える。

 そのほかにも、12種類のグラフが可能な統計グラフ機能、自動バックアップ 機能、外部ホスティングメールサーバ対応などの機能を装備。簡便性を持ち、 APC社の無停電電源装置を利用することで、災害時でも運用ができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?