RailsとGlassFish、JBoss Seamに注目--NRI調査

大野晋一(編集部) 2007年05月23日 16時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所(NRI)によれば、今後評価が高まるオープンソースソフトウェア(OSS)として「Ruby on Rails」と「GlassFish」、「JBoss Seam」が挙げられるという。23日、「NRIオープンソースマップ(2007年4月版)」の公開と併せたコメントの中で述べられたもの。

 

 NRIオープンソースマップとは「企業システムで採用された実績がある、あるいはNRIが注目しているOSSを、公開されている情報をもとに、関連ドキュメントの量、種類、リリース回数、品質などの「成熟度」と、ウェブサイトでの関連用語登場回数、検索サイトでのヒット数などの「プレゼンス」という2つの軸でレーティングの上でマッピングしたもの」(同社)。2006年8月に11のOSSを対象に公開されたものがアップデートされた。

 

 今回公開されたマップでは、TomcatやSugarCRMなど著名なものを含む28のソフトウェアが対象になっている。分野はアプリケーションサーバ、ミドルウェアから開発フレームワークやシステム管理ツールなど多岐にわたっている。

 

 Ruby on RailsとGlassFish、JBoss Seamのなかでは成熟度とプレゼンスともにRuby on Railsが最も高い。Ruby on RailsはRubyを使ったフルスタックタイプのウェブアプリケーション開発環境だ。

 

 GlassFishとJBoss SeamはともにJava開発にかかわるソフトウェアで、ともに「Java EE5」というエンタープライズJava開発の新しい流をとりいれたもの。GlassFishはSun Microsystemsがオープンソースとして公開したJava EE5対応アプリケーションサーバ、JBoss SeamはJSFやEJB、BPMなどのコンポーネントの接続を行うフレームワークだ。

 

 また、同社では「Struts」「Spring Framework」「Hibernate」「Nagios」について、成熟度のプレゼンスともにエンタープライズで高いレベルの機能を実現するOSSと評価している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!