HP、NASAからハードウェアの大型契約を獲得

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、福岡洋一 2007年05月28日 17時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間5月23日、米航空宇宙局(NASA)から、連邦政府機関で使用する広範なハードウェアの契約を獲得したと発表した。契約条件によりHPは、UNIXおよびLinux OSで稼動するデスクトップパソコン、ワークステーション、ブレードPC、ならびにプリンタおよびサーバを提供することになる。

 契約期間は7年で、契約金額は最大56億ドルにも上る可能性がある。これは「Solutions for Enterprise-Wide Procurement IV」(SEWP IV)と呼ばれる資材調達プログラムに基づいている。NASAだけでなく、すべての連邦政府機関を対象として、低価格、最低限の追加料金、効率的な発注手順で機器を提供するためのプログラムだ。

 1992年に始まったSEWPで、HPはこれまでにNASAから総計6億2000万ドル相当の契約を獲得している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから