日本ユニシス、大規模ウェブアプリ開発用フレームワーク「MIDMOST for Java EE」

ニューズフロント 2007年05月29日 15時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは5月29日、大規模ウェブアプリケーション開発用フレームワーク製品「MIDMOST for Java EE」の販売を開始した。

 MIDMOST for Java EEは、Java Enterprise Edition仕様準拠の統合フレームワーク。JBossやBEA WebLogic Serverといったアプリケーションサーバに対応している。

 コーディング規約やネーミング規約などの各種開発規約と、開発プロセスのガイドラインを用意し、標準的な開発モデルを提示する。開発モデルは、業務や対象システムに合わせてカスタマイズできる。

 大規模な業務システムを想定しており、画面表示部品や業務ロジック呼出制御、データベースアクセスなどの共通APIなど、機能を共通化している。また、システムの開発効率を高める支援ツールや、設計書用テンプレートも備える。

 日本ユニシスでは、MIDMOST for Java EEと関連サービスを合わせ、5年間で約200億円の売り上げを見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?