IPA、ウイルス情報データベース「ウイルス情報 iPedia」を公開

CNET Japan Staff 2007年05月29日 19時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は5月29日、ウイルス情報データベース「ウイルス情報 iPedia」を公開した。

 「ウイルス情報 iPedia」では、IPAに届け出のあったウイルスやボットなどを中心に、それらの主な動作内容や対処法などの解析結果を公開している。ウイルスの名称やファイル名による検索を行うことで、目的のウイルスに関する情報を見ることができる。

 このデータベースに登録される解析情報は、IPAに届け出のあった情報を、IPA独自の「Zero Hour Analysis(ウイルス等迅速解析ツール)」と呼ばれるツールによって解析したもの。ウイルスの名称のほか、ファイル名やプログラム種別、動作内容などの詳細な情報を参照できる。セキュリティベンダーによってウイルスの名称が異なる場合でも、複数の名前から検索できるようになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!