フォーチュン誌、「Apple TV」を失敗作と酷評(新着ブログより)

J. O'Grady 2007年06月04日 20時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国Fortune誌を監修しているBrent Schlender氏が、Steve Jobs氏率いるAppleの最新製品「Apple TV」を、同誌の記事の中で「失敗作」と酷評した。

 “よいところの見当たらない製品だ。Microsoftが昨年発表したMP3プレーヤー「Zune」と並ぶ、明らかな失敗作と言える。あまりにもZuneとそっくりなので、「iPhone」にかかりきりのJobs氏がレドモンドに外注した製品なのかと思ったほどだ。”

 Schlender氏は、摩訶不思議としか言いようのないZuneとApple TVの共通点を、4つ挙げている。ここでその1つを紹介しよう。

(全文はこちら--「J. O'Gradyのアップルコア」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!