SaaS型Webオーサリングツール--JavaScriptの実行・テストも可能

大野晋一(編集部) 2007年06月18日 22時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラウザ上でHTMLやCSS、JavaScriptのオーサリングが可能なオープンソースソフトウェア「rainbow9」が公開されている。JavaScriptコードのテストが可能なシェルを備えるなど、非常に高機能だ。既に、実際に試すことのできるサイトやデモムービーも用意されている。

 rainbow9は、ウェブサイトの作成に必要な機能をオンラインで提供している。いわば、SaaS型のウェブオーサリングツールだ。アカウントを登録して、ウェブサイトプロジェクトを作成、HTMLやCSS、JavaScriptなどをプレビューまたは実行/テストしながら作成することができる。

 特に、JavaScriptについては、エディタだけでなく実行シェルも用意され、コードの断片をテストしながら記述することが可能、シェルに書いたコードについてはエディタへそのままインポートしてファイルへ保存することもできる。”var”や”function”といった予約語については補完機能も用意されている。

JavaScriptの実行シェル JavaScriptの実行シェルfunまで入力した時点でfunctionが補完されている
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから