編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

viまでもSaaS?--viのJavaScript実装が登場

大野晋一(編集部)

2007-05-30 17:52

 viから離れられない方、いらっしゃいますか?―職場のWindowsでテキストエディタをインストールさせてもらえずに悩んでいるUNIXユーザには朗報かもしれない。viをSoftware as a Serviceで提供するためのお膳立て、JavaScriptによるviクローンが登場した。

 このviクローンはInternet Connectionが公開したもの。Ineternet ExplorerやFirefox、Safariといったブラウザ上でvi同様のエディタを実行可能だ。すでにデモページも公開されている。

 "jklh"のキーによるカーソル移動はもちろん、":"キーに続いて入力できるed/exコマンドもほとんどがサポートされている。さらにVISUAL/VISUAL-LINEモードなどvimの機能も一部ではあるがサポートされる。

 また、ローカルPCとのコピー/ペースト、スペルチェッカー、斜体などHTMLによるスタイル付けといった機能も備える。

 コードも公開されているものの、現在のところ再配布が許されておらず、自分のウェブサイトで使用するといったことはできない。ただ、ライセンスに関しては将来的に変更されるかもしれないとのこと。

vimのクローンじゃないことが残念?viが使えるだけでもよしとしないと。

VIJS 意味があるかどうかは置いておいて…… ビル・ジョイもびっくり?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]