サイボウズグループ、中国上海でSaaS型グループウェアを提供開始

ニューズフロント 2007年06月26日 21時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズのグループ会社インテグラート・ビジネスシステムは、中国上海市で現地法人「才望子信息技術 (上海) 有限公司 (サイボウズ上海)」を設立し、6月26日より事業を開始した。サイボウズ上海では新開発の日本語、中国語両対応のSaaaS型グループウェア「サイボウズ 弁公系統 (サイボウズ・ベンコウケイトウ)」を提供する。中国進出する日系企業を主な顧客に見込む。

 サイボウズ上海の資本金は3000万円。インテグラート・ビジネスシステムが51%を出資し、サイボウズ上海取締役CEO兼CTOの黄淵氏ら経営陣が49%を出資する。代表取締役はインテグラート・ビジネスシステムの代表取締役社長である北原康富氏が務める。

 サイボウズ上海が提供するサイボウズ弁公系統は、顧客企業が現地でサーバの構築やソフトウェアのインストールを行わなくても、インターネット経由で利用できるグループウェア。スケジューラーや掲示板(BBS)などはサイボウズ製既存グループウェアのインタフェースをもとに設計しており、PC操作に不慣れな現地スタッフでも容易に扱えるという。

 サイボウズではSaaS型を選択した理由について「中国に進出する日系企業で、専任のシステム担当者を置くことが難しい現状に合わせた」と説明する。

 サイボウズ弁公系統の料金は、初期導入費用が500人民元(約8100円)。ソフトウェア使用ライセンス費用が、10ユーザーまでで月額600人民元(約9800円)。SaaSサービス・トレーニング費用が2000人民元(3万2500円)。契約期間は半年または1年単位とする。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!