エンテラシス・ネットワークス、複数の機器を統合管理するシステム

WebBCN (BCN) 2007年07月03日 12時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンテラシス・ネットワークス(小川芳久社長)は7月2日、セキュリティ統 合管理システム「Dragon Security Command Console(DSCC)」を発表した。

 DSCCは、シグネチャパターンマッチング機能や異常検出、ネットワーク行動 異常検出機能を備えた「セキュリティ情報マネージャ」と、行動パターン検知 のための「Dragon Behavioral Flow Processor」「Dragon Behavioral Flow Sensor」で構成する。

 ファイアウォールやVPNなど、ネットワーク上のセキュリティ製品のイベン ト情報やフロー情報を統合・標準化した上でダッシュボード上に表示し、セキ ュリティデータの収集や関連付け、優先順位付けを行う。これにより、ネット ワーク上の脅威への対抗能力を強化し、複雑なネットワーク環境での効果的な セキュリティ管理を実現する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!