NECとオーダーメイド創薬、デジタルペンによる操作性の高い電子カルテ

WebBCN (BCN) 2007年07月09日 13時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC(矢野薫社長)とオーダーメイド創薬(大西洋三社長)は7月6日、電子 カルテ分野で協業し、デジタルペンによる操作性の高い電子カルテの提供を07年10月から開始すると発表した。なお今回の協業にあたって、NECはオーダー メイド創薬に1億円の出資を行った。

 電子カルテは診療情報をデータベース化し、病院内での情報共有を迅速、正 確に行えるため、全国の病院で導入が進められている。電子カルテの入力方法 は、通常、パソコン操作によるデータ入力、紙に記載した後にスキャナで読み 取り、データを保存するといった手法が採用されている。

 今回、2社が提供するのは、NECの電子カルテ「MegaOakHR」とオーダーメイ ド創薬のデジタルペンソリューションを組み合わせた電子カルテソリューショ ン。専用のペンと紙を用いて手書きで記載した内容をそのままパソコンに転送 できるため、より簡単にデータ入力作業が行える。

 NECは今後も電子カルテの強化・拡販を積極的に実施、3年後に同分野でのト ップシェアを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?