ヴイエムウェア、仮想化ベンチマークツール「VMmark」を発表

文:Colin Barker(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部 2007年07月26日 11時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VMwareが、仮想化システムのパフォーマンスを計測するベンチマークソフトウェア「VMmark」を発表した。

 仮想化は、柔軟性と、数十から数百の仮想化システムを1台のハードで実行する機能において明らかなメリットがある。しかし、これまでは仮想化システムのパフォーマンスを明確に測定することが難しかった。仮想化ソフトウェアでリードするVMwareはこの問題に対応すべく、仮想化ソフトウェアに対象を絞った初のベンチマーク製品VMmarkをリリースした。

 VMmarkは、仮想環境で実行されているアプリケーションのパフォーマンスを測定する。だが、仮想化システム上で動作する顧客の環境には膨大なバリエーションがあり、これを正確に表す精度の高い標準ベンチマーク測定方法探しが容易でなかったことを同社は認めている。同社によると、ベンチマークの開発には「エンジニアリングデザイン、パートナーとのコラボレーション、そして大規模な顧客調査データの見直しに2年を要した」という。

 VMwareはベンチマークの開発にあたり、特定のマシン上で動作する仮想アプリケーションソフトウェアのパフォーマンスを測定する比較的簡単なアプローチは回避した。VMmarkでは、その代わりに各種仮想化技術の作業負荷のスケーラビリティを測定する。VMwareによると、「首尾一貫した手法が提供されるため、ベンチマーク結果を各種仮想化プラットフォーム同士で比較できる」という。

 このようにして企業各社がこのベンチマークを使えば、「適切なハードウェアの選択や、各種仮想化プラットフォーム間のパフォーマンスとスケーラビリティの比較」が可能になるはずだ、とVMwareは話す。

 このベンチマークは、AMD、Dell、HP、そしてNovellが支持を表明している。NovellのSUSE Linux Enterprise製品管理担当バイスプレジデントHolger Dyroff氏は、「VMwareが標準化された仮想化ベンチマークの一部にSUSE Linux Enterprise Serverを選んでくれたことをうれしく思う」と語った。

 VMmarkはx86サーバ専用で、CPUが2基、RAMが6Gバイト、ハードディスク容量が80Gバイト、そして1GビットNIC搭載がハードウェア要件となっている。OSの要件はWindows SP1 Enterprise Edition(32ビット)Virtual ServerもしくはSUSE Linux Enterprise Server 10(32ビット)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?