起動時filesystemチェック時のエラー

OKWave 2007年08月22日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
起動時filesystemチェック時のエラー

TurboLinux10D起動時のfilesystemチェック時?にエラーが発生して以下の表示が出るようになってしまいました。
なお、以下の英文で一番左の文字は途切れてて読めなかったものを想像で補っています。
(ディスプレイの水平表示位置の調節ができない状態なもので)

sck.et2/:
The superblock could not be read or does not describe a correct ext2
filsystem. If the device is valid and it really contains an ext2
filsystem (and not swap or ufs or something else), then the superblock
is corrupt, and you might try running e2fsck with an alternate superblock:
e2fsck -b 8193 
Is a directory while trying to open/ NG

*** An error occurred during the file system check.
*** Dropping you to a shell; the system will reboot
*** when you leave the shell.

?ive root password for maintenance
(or type Control-D to continue):
とりあえずパスワードを入力して、e2fsckコマンドを実行してみたのですが、芳しくありません。
長い時間かけてチェックしてくれたようには見えますが。

必要なデータは別マシンのセカンダリに繋いでマウントすることで回収したのですが、
できればこのHDDも正常動作するように復旧したいです。

気がついたらこの状態だったもので、何をした後この状態になったのかはわかりません。

「何をするとこのようなメッセージが出て起動できなくなってしまうのか」と、「この状態から復旧するにはどうしたらよいのか」について、
わかる方いましたらよろしくお願いします。

良回答

ファイルシステムがぶっ壊れてるようですね。
何故壊れたかについては不明です。

が、HDDは消耗品と考えるべきです。
読み書きが多いHDDですと不良セクタなどは当たり前です。
新しいHDDに変更する方が良いと思います。
そのまま使い続けたとすると状況が悪化し、起動どころか読み込みも出来なくなる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?