MSの海賊版ソフト対策サーバでトラブル、正規版ユーザーを誤認識

文:Colin Barker ZDNet UK(CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、福岡洋一 2007年08月29日 19時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間8月24日から25日にかけて、Microsoftの「Windows Genuine Advantage」(WGA)サーバに問題が発生し、「Windows XP」「Windows Vista」の正規ユーザーが海賊版ソフトウェアのユーザーと誤認識されてしまった。

 この期間、WGAサーバで深刻なトラブルが起こり、ユーザーは、利用している正規のMicrosoft製ソフトウェアの確認ができなくなった。

 WGAは、Windows XPやWindows VistaなどのOSが正真正銘の製品版であることを確かめるためにMicrosoftが採り入れているメカニズムだ。WGAの承認がなければ、ユーザーはOSの機能の多くを使えなくなる。

 問題が発生したのは8月第4週の週末だった。Microsoft製品の正規ユーザーは、自分たちが使っているソフトウェアが認証されなかったり、機能の一部が使用不能になっていたりすることに気づいた。WGAがそれらを海賊版と誤認識したためだ。InformationWeek誌が伝えたところによると、このトラブルの影響を受けたユーザーは1万2000人ほどだという。閉め出されたユーザーは、インターネットのフォーラムで不満をぶちまけた。

 混乱は長くは続かなかった。トラブルが起きたのが24日夕方で、25日の早朝には解決していた、とMicrosoftのWGA担当上級製品マネージャーであるAlex Kochis氏はブログに書き込んでいる。Kochis氏は、Windows Vistaの認証に問題があり、「正規のシステムを正しく認識できなかった」ことを原因に挙げた。

 「現在では問題は解決し、確認プロセスは正常に行われているようだ」と、Kochis氏は言う。

 WGAが議論の的になったことは過去にもあった。2006年には、WGAが検証ツールを実行し、インストールされたMicrosoftソフトウェアが本物かどうかをチェックすることについて、ユーザーの批判が集中した。Microsoftが、セキュリティ関係のバグ修正と一緒に、WGAアップデートを「最優先」として推し進めていることを懸念する声も大きかった。WGAがユーザーに内緒でPCから情報を集めていることについての不満も出た。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR