オープンソースのインストーラー「OpenInstaller」

荒浪一城 2007年09月13日 20時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月11日(米国時間)オープンソースのインストーラー「OpenInstaller 0.9.4」がリリースされた。

 OpenInstallerは、自由で包括的な次世代インストーラーフレームワークを作るオープンソースコミュニティーのプロジェクト。OpenInstallerの初期の開発は、サン・マイクロシステムズによって行われたが、現在ではオープンソースライセンスである「Common DevelopmentとDistribution License(CDDL)」の下で利用可能。GlassFishコミュニティーの一部でもある。

 今回のリリースで追加された新機能は、以下のとおり。

  • ZIPのサポート:ZIPベースのパッケージをサポート
  • クロスプラットフォームのインストーラー:すべてのOS上で動く単一のインストーラーを作成する機能を追加
  • ZIPプロダクトのサンプル:クロスプラットフォームのZIPパッケージで使えるインストールサンプル
  • プロダクト選択:多様なプロダクトからなる、より複雑なインストーラーを作成する機能。インストールするコンポーネント選択のユーザーインターフェースを作成する。アップグレード機能も有効
  • HTTP上でのインストール:Java Web StartとJNLPを使用して、HTTPのベースのディストリビューションを作成可能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR