攻撃にそなえての制限つきアカウントの使用について

OKWave 2007年09月20日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
攻撃にそなえての制限つきアカウントの使用について

今まで「コンピューターの管理者」のアカウントでパソコンを使っていたのですが、ところがスパイウェアなどに備えて普段は「制限つきアカウント」で作業した方がいいと聞きます。そこで新しくアカウントを作りそれを「コンピューターの管理者」とし、今まで使っていたアカウントを「制限つきアカウント」にしました。

この状態は新しく「制限つきアカウント」を作りメインとして使うのと同じことになるのでしょうか?

良回答

スパイウェアは一般に現在ログイン中のユーザの権限で動作します。

これで答えは分かりますね。同じことです。

あとは管理者のパスワードを難しくしておけば破られることはまずないでしょう。

回答

既存のユーザアカウントとは別に制限つきユーザアカウントを新規作成しても,既存のユーザアカウントを制限つきに変更しても,どちらでもかまいません。メインとして今後も使い続けるのが「制限つきアカウント」であればよいわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?