Rubyで書かれたワークフロー:BPMエンジン「OpenWFEru 0.9.14」リリース

原井彰弘 2007年09月20日 16時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月18日、OpenWFEruプロジェクトはRubyで書かれたワークフロー、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)エンジン「OpenWFEru 0.9.14」をリリースした。

 OpenWFEruは、ビジネスプロセス定義やそのインスタンスを、ソフトウェアに組み込まずにより身近に持たせたいという発想に基づいて開発されたソフトウェア。XMLもしくはRubyを用いてワークフローを定義し、それを実行することが可能である。

 OpenWFEru 0.9.14では、「participant」と「subprocess」がオプションとして「if」属性を受け取れるようになったほか、「ポーズ」や「再開」の処理も実装された。また、多くのバグが修正され、パフォーマンスも向上したという。

 このリリースと同時に、「densha」というRuby on Railsで作成されたOpenWFEruのサンプルウェブアプリケーションもリリースされた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!