システム起動時、IDEストレージデバイスにIRQを割り当てる時に表示されるメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年09月26日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

device name not 100% native mode: will probe irqs later

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

IDEホストコントローラに接続されたストレージデバイスの一部(プライマリデバイス又はセカンダリデバイス)がNative mode(ネイティブ・モード)で動作していないため、空きIRQを探索後に、IRQの割り当てが行われる。

本メッセージは、システム起動時に以下の条件を満たす場合に表示される。

  • デバイス名で示すIDEホストコントローラに、IDEストレージデバイスが接続されている
  • 接続されているデバイスがプライマリデバイスである
  • 接続されているデバイスがネイティブ・モードで動作していない

IDEホストコントローラには、互換モードとネイティブ・モード二つの認識のモードがある。

互換モードは、IRQの14番と15番が固定的に割り当てられているのに対し、ネイティブ・モードは、通常のPCI(Peripheral Component Interconnect)デバイスと同様に空いている不特定のIRQを割り当てることが出来るモードである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから