コードエディタ「Notepad++ v4.3」リリース

荒浪一城 2007年09月25日 15時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月24日(米国時間)、ソースコードエディタである「Notepad++ v4.3」がリリースされた。

 Notepad++は、Win32APIを用いてC++で記述されたソースコードエディタ。カスタマイズ可能なGUIと、スリムで効率的なバイナリーを提供することを目的として、開発されている。ライセンスはGNU General Public License(GPL)。

 今回のリリースでは、12のバグや機能改善がなされている。

  • スタイラーコンフィギュレータの強化:視覚効果をアップデート
  • グローバルオーバーライド(スタイラーコンフィギュレータの)機能追加
  • セットされた言語をセッションの間、記憶する機能を追加
  • プラグインなしでの起動(コマンドラインから:notepad++ -noPlugins)

また、プラグインとして下記のものが含まれている。

  • TexFX v0.24a
  • Function list v1.2
  • ConvertExt v1.1
  • NppExec v0.2 beta 4
  • Spell checker v1.1
  • Quick text v0.02
  • Light Explorer v1.4
  • Hex editor v0.84

 さらに詳細な情報は、リリースノートを参照していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?