NTTコムウェア、フィッシング対策ソリューションを山口銀行に納入

WebBCN (BCN) 2007年09月26日 16時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコムウェア(今井郁次社長)は9月25日、電子透かしを活用したフィッシ ング対策ソリューション「PHISHCUT」を山口銀行(福田浩一頭取)に納入し、 9月26日からサービスを開始すると発表した。

 「PHISHCUT」は、金融機関のオンラインバンキングやショッピングなどのWebサイトに電子透かしを埋め込み、サイトへのアクセス者がフィッシングなど の偽サイトに入るのを防ぎ、IDやパスワードなど個人情報の流出を防御する。 山口銀行は、自社サイトのアクセスユーザーのセキュリティ確保のために、同 ソリューションを導入した。

 サイトにアクセスするユーザーのPCに専用ソフトをインストールし、NTTコ ムウェアの認証システムと連携させる仕組みで、アクセス者は専用ソフトをイ ンストールするだけで利用することができるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?