Javaの「JRE」にシステムアクセスの脆弱性

荒浪一城 2007年10月25日 18時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Secuniaは10月23日(デンマーク時間)、Javaの「JRE」にシステムアクセスの脆弱性が発見されたと公表した。影響度は、5段階中上から2番目の「Highly critical」に位置づけられている。

 この脆弱性は不特定のエラーのため、Javaアプレットの処理の中で引き起こされる。これにより、信頼されていないアプレットによって、ローカルファイルが読み書きされ、さらにアプリケーションの実行も可能になるという。

 脆弱性は、すべてのJavaのJREとSDKのバージョンで報告されている。

 影響を受けるバージョン:

  • Sun Java JDK 1.5.x
  • Sun Java JDK 1.6.x
  • Sun Java JRE 1.3.x
  • Sun Java JRE 1.4.x
  • Sun Java JRE 1.5.x / 5.x
  • Sun Java JRE 1.6.x / 6.x
  • Sun Java SDK 1.3.x
  • Sun Java SDK 1.4.x

 解決策:

  • JDK and JRE 6 Update 3以降にアップデートすること
  • JDK and JRE 5.0 Update 13以降にアップデートすること
  • SDK and JRE 1.4.2_16以降にアップデートすること
  • SDK and JRE 1.3.1_21以降にアップデートすること
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから