Pythonで書かれた分散型バージョン管理システム「Bazaar 0.92 RC1」リリース

原井彰弘 2007年10月31日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bazaarプロジェクトは10月29日、バージョン管理システム「Bazaar」の新バージョン「Bazaar 0.92 RC1」をリリースした。

 Bazaarは、Pythonで書かれた分散型のバージョン管理システム。パフォーマンスの高さと安全性を売りにしている。特に安全性に関しては、膨大な数のテストスイートが用意されていることに加え、開発プロセスにおいてもコードレビューを欠かさないといった徹底ぶりだ。そのため、過去2年間でデータが損失するようなバグは一度もなかったという。

 一方で機能に関しては、管理下にあるファイルやディレクトリの名前の変更にも対応しており、柔軟な利用が行える。また、PythonのAPIとして設計されているため、Pythonで作成したアプリケーションとの統合も容易であるとしている。

 今回リリースされた新バージョンでは、全体的に動作速度が向上しており、特にコミットの速度は大きく改善されたという。また、実験的に新しいリポジトリのフォーマットも追加された。そのほかにも多数のバグが修正されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!