編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オープンソースのBTS「Bugzilla」に脆弱性

荒浪一城

2007-09-20 11:04

 9月19日(デンマーク時間)、Secuniaはオープンソースのバグトラッキングシステムである「Bugzilla」にセキュリティーバイパスの脆弱性が発見されたと公表した。影響度は、5段階中下から2番目の「Less critical」に位置づけられている。

 今回の脆弱性は、不適切な"createemailregexp"パラメタをチェックするWebService/User.pmの中の、"offer_account_by_email()"関数に発見された。

 影響を受けるバージョン:

  • Bugzilla 2.x
  • Bugzilla 3.x

 解決策:

  • Bugzilla 3.0.2、または3.1.2にアップデートすること

 そのほか、ベンダーパッチの適用も解決策として挙げられている。

 セキュリティーアドバイザリーは、下記のとおり。

 最近では、JIRAやTracなどの新しいバグトラッキングシステム(Bug-Tracking System:BTS)にシェアを奪われているが、Bugzillaは依然としてデファクトスタンダードだといえる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]