ブロックデバイスへのI/O処理中にバッファの解放を行おうとして、すでに解放済みであったことを示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年11月12日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Badness in brelse at fs/buffer.c:1372

対処

カーネル/ファイル・システムのバグである。前後のメッセージ、特にこのメッセージの直後に表示されるスタックの情報をサポート契約先に報告する。過去のカーネルのバージョンにおいて、カーネル/ファイル・システムのバグとして報告された事例が複数ある。使用中のバージョンでこのメッセージが表示された場合、そのバージョンでこの問題に対する修正がすでに作成されていないかを調べる。カーネルのバッファ管理の内部処理の矛盾が発生しており、Oopsなどシステム停止に至る場合や、解放すべきバッファの解放処理が行われないことによるメモリ・リークなどの現象となる場合も考えられる。システム停止に至った場合は、システム停止前後のログやカーネル・ダンプなど採取可能な資料もサポート契約先に報告する。

説明

ブロックデバイスへのI/O処理中にでバッファの解放を行おうとしたところ、すでに解放済みであった。I/O処理は続行される。 mid:357のメッセージに引き続いてこのメッセージが表示され、この後にスタックの情報が表示される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから