MS、11月の月例パッチを公開--「緊急」は1件

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年11月14日 12時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間11月13日、2007年11月のセキュリティ情報をリリースした。これに含まれる2件のアップデートのうち、1件は「緊急」レベルに分類されており、Windows XPおよびWindows Server 2003のWindows URI処理の脆弱性を修正する。もう1件は「重要」レベルに分類されており、Windows Server 2000およびWindows Server 2003で、なりすましを許す脆弱性を修正する。WindowsやOfficeソフトウェアに関するMicrosoftからのセキュリティパッチはすべて、「Microsoft Update」を介して、または以下に詳述されるセキュリティ情報のページから入手することができる。

MS07-061:緊急

 このセキュリティ情報には「Windows URI処理の脆弱性により、リモートでコードが実行される(943460)」というタイトルが付けられている。Windows XP SP2、Windows XP Professional x64、Windows Server 2003(x64、Itanium-based Systems)のユーザーに関係し、Windows 2000またはWindows Vistaユーザーには影響しない。「CVE-2007-3896」に詳述された脆弱性を修正する。Microsoftは「Windowsシェルが、特別に細工されたURIを処理する方法に、リモートでコードを実行される脆弱性があります。Windowsシェルが、これらのURIを十分に確認しない場合、この脆弱性を攻撃者に悪用され、任意のコードが実行される危険性があります。Microsoftは、この脆弱性が悪用される方法をInternet Explorer 7が使用されているコンピュータ上でのみ確認していますが、この脆弱性はWindowsファイルである Shell32.dllに存在しています。このファイルは、Windows XPおよびWindows Server 2003のすべてのサポートされているエディションに含まれています」と説明している。攻撃を受けると、リモートでコードを実行される危険性がある。

MS07-062:重要

 このセキュリティ情報には「DNSの脆弱性により、なりすましが行われる(941672)」というタイトルが付けられている。Windows Server 2000およびWindows Server 2003を使用するユーザーにのみ関係し、「CVE-2007-3898」に詳述された脆弱性を修正する。Microsoftは「Windows DNS Serversのなりすましの脆弱性により、攻撃者は、特別に細工した応答をDNSリクエストに送信し、なりすまし攻撃、または適正な場所からインターネットトラフィックをリダイレクトしたりする危険性があります」と説明している。攻撃を受けると、攻撃者により、適正なアドレスからでも乗っ取りを招く危険性がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!