マイクロソフト製品で発見される脆弱性が2006年から「急増」--米調査

文:Tom Espiner(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年11月30日 15時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 脆弱性調査会社のQualysによれば、2006年はMicrosoft製ソフトウェアで発見された脆弱性の数が大幅に増加した。

 Qualysは米国時間11月28日、2006年から2007年の1年間でMicrosoft製品の脆弱性は約3倍になったと発表した。

 Qualysの脆弱性管理ラボのマネージャーAmol Sawate氏は、「Microsoft Office製品の脆弱性の数が急増したことが判明した。複数のグラフから、2006年から2007年にかけて300%の成長であることが分かる。増加の主な理由は、無防備なユーザーに電子メール、インスタントメッセージで送信したExcelファイルを開かせることで簡単に悪用できる新しいExcelの脆弱性である」と述べている。

 コンピュータセキュリティの研修を行っているSans Instituteの研究担当ディレクター、Alan Paller氏は、発見される脆弱性が増えた理由は、ソフトウェアをターゲットにすることで、犯罪者がより多くの利益を得られるようになったからだと述べている。

 「Microsoftがきちんと仕事をしていないというわけではない。増加の理由は、Excel、Wordで脆弱性を発見することが利益につながるため、大勢(のハッカー)が脆弱性を探しているからだ」(Paller氏)

 この件について、Microsoftはコメントを拒否した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?