システム初期化時に、時刻を取得するシステムコールでHPETを使用することを宣言するメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年12月03日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Using HPET for gettimeofday

対処

通知情報のため、特に対処はない。

説明

システム初期化時に、時刻を取得するシステムコール(gettimeofday)でHPETを使用することを宣言する。 CONFIG_HPET_TIMERが有効な場合に表示される。なお、Red Hat Enterprise Linux AS release 4 では、同パラメタはデフォルトで有効である。

HPET(High Precision Event Timer):
  周期的なタイマー割り込みを発生させるためのハードウェア。従来の PIT(Programmable Interval Timer)の後継として、より高精度の時間を取得できる。CPU の外部に実装されている タイマー なので CPU の Power Management や Multi-processor による影響を受けない。

PIT(Programmable Interval Timer):
  定期的に割り込み信号を発生するタイマー回路でPC/AT互換機でタイマの割り込みリソースとしてよく使用される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR