USB Flashから起動可能なMandriva Linux

後藤大地(オングス) 2007年12月04日 13時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mandrivaは2008年11月30日(米国時間)、Mandriva Flashファミリーの最新版「2008 Mandriva Flash 4GB」を発表した。2008 Mandriva Flash 4GBはUSB Flashから起動できるLinux OS。BIOSの設定を経由することなくリブートを実行できるezBoot機能やWindows/Linux両システムの利用を可能にする新機能が含まれている。

 2008 Mandriva Flash 4GBのベースとなっているOSは「Mandriva Linux 2008 KDE」。ezBootやKDEのほかにFirefox、Thunderbird、Java、FlashPlayer、RealPlayer、Skypeなどのアプリケーションが含まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!