freeBSD 4.11p8からp9へupgrade後、httpsdが起動しません

OKWave 2007年12月14日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
freeBSD 4.11p8からp9へupgrade後、httpsdが起動しません

今回のSAにより、freeBSD 4.11-R p8だったマシンをp9へアップグレードしました。makeworldの後reboot後、これまでのように


# /usr/local/etc/rc.d/apache2.sh start

でapacheを起動しようとしたところ、


Starting apache2.
(48)Address already in use: make_sock: could not bind to address
 [::]:443
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs

のようなエラーが出て、apacheが立ち上がってくれません。

どなたかアドバイスいただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

良回答

えーと、OSスタートアップ時にapacheを動かしたくなくて手動で起動させたいという事なら、/etc/rc.confから、apache2_enableをコメントアウトし、apachectl startsslで起動するようにしては。

/usr/local/etc/rc.d/apache2.shはOSスタートアップ時にapache2を起動するためのものですから、rc.confでapache2_enableをYESにしとけば、当然動き出しますので。

やりたい事が解ってないので外してるかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから