更新データの同期処理で対象となったバッファが、すでに解放されていたことを示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年01月11日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Badness in sync_dirty_buffer at fs/buffer.c:2890

対処

カーネル/ファイル・システムのバグである。前後のメッセージ、特にこのメッセージの直後に表示されるスタックの情報をサポート契約先に報告する。過去のカーネルのバージョンにおいて、カーネル/ファイル・システムのバグとして報告された事例が複数ある。使用中のバージョンでこのメッセージが表示された場合、そのバージョンでこの問題に対する修正がすでに作成されていないかを調べる。カーネルのバッファ管理の内部処理に矛盾が発生しており、Oopsなどシステム停止に至る場合や、データ不正などの現象となる場合も考えられる。システム停止に至った場合は、システム停止前後のログやカーネル・ダンプなど採取可能な資料もサポート契約先に報告する。対象となったデバイスのデータを調べ必要であればバックアップからの回復を行う。

説明

デバイスドライバへの更新データの同期処理で対象となったバッファが、すでに解放されていた。同期のためのI/O処理は続行される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?