よく質問し、早く起き、味覚の崩壊したアメリカ人(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト) 2008年01月11日 11時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今シアトル近郊にいます。遊びではありません、正月明け早々の出張です。Business Intelligence に関連する営業や技術者、マーケターを対象とした社内トレーニングイベントに参加しているのですが、社内情報ばかりなので内容は言えません。今回は、ヒストリカルじゃないので 「滞在記」というべきじゃないかもしれませんが、日本とアメリカの 「人の違い」 について感じたことを書き連ねます。

 まず、アメリカ人は断然よく質問する。欧州人は割と質問をする。アジアでも東南アジア系はまだする。私を含め、日本人は全然しない。言葉の壁は否定しませんけど本当にあんまり質問することないんですよね、それにアメリカ人の質問って、おしなべて非常にくだらないのです。そんなこと話の背景考えればわかるだろ、とか、そいつに聞いても答えられるわけないだろう、とかいうレベル。でも、質問されたほうもそんなくだらないものに対して “good question” なんて言ってみたりするのです、偉いなあ。日本人の回答者なら鼻で笑って 「フッ、だから ・・・」 と言いがちなところ。

 アメリカ人は、「どうだ、すごいだろ!」 と言われると条件反射で 「すげーよ!」 と拍手したり 「ヒュッ」 って言ったりする。欧州人はあんまりしない。東南アジア人はちょっと乗る。日本人は全然しない。

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR