システム初期化時に表示され、ACPIのPM TimerレジスタのI/Oポート情報を示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年01月22日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PM-Timer IO Port: ioport

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

システム初期化時に表示され、ACPIのPM TimerレジスタのI/Oポート情報を示す。

PM Timerは24bitないし32bitのハードウエアカウンタで、3.579545MHzでカウントアップされている。カウンタの現在の値はioport経由で取得する。このカウンタはシステムの電源管理に使用されるので、システムの時計とは別物である。また、本メッセージが表示されても、実際にACPIのPM-TimerがOSのタイマリソースに使われるとは限らない。PM-TimerはRDTSC命令を用いるTSCタイマより優先度が低いため、TSCタイマが利用できる環境では、TSCタイマが用いられる。実際に使われるタイマは次のメッセージで示される。例)”Using TSC for high-res timesource”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?