情報漏えい事件で学んだこと(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet) 2008年01月26日 14時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Computerworldのジャイクマール ビジャヤン氏が、ちょうど1年前に発表された米国小売大手であるTJXの顧客情報漏えい事件から学んだ教訓について、素晴らしい要約(英語)を書いています。

  • 情報漏えいを公表することは、必ずしも収益や株価に影響するとはかぎりません・・・しかし費用はかかります。
  • PCI(Payment Card Industry)はまだ、未完成です。
  • カード決済の処理過程には問題があります。
  • 悪いやつらを捕まえるのは大変です。

 全てすばらしい要点です。二つだけ私の個人的な指摘をさせてください。ニュースを読むことは、とても役立ちます。もし、TJXのセキュリティとコンプライアンスの責任者が注意していれば、過去の事例であるLowe’s とDSWへの攻撃から手がかりを得ることができ、ひょっとしたらクレジットカード情報の漏えいによる損害は完全に避けられていたかもしれません。

全文はこちら--「脅威のカオスに立ち向かう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR