Java Runtime EnvironmentのXMLパーシングに脆弱性--セキュリティ企業が警告

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月05日 14時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsがパッチで修正した脆弱性を悪用されると、セキュリティ上の制約を無視した攻撃につながる恐れがあるという。Secuniaが警告を発した。

 Secuniaによると「external general entitiesがfalseに指定されている場合でも、Java Runtime Environment(JRE)が、外部参照XMLエンティティを処理することに問題が起因する。これにより、たとえば、悪質なXMLドキュメントを介して特定のURLがアクセスされたり、DoS(サービス拒否)攻撃が引き起こされたりする可能性がある」という。

 Sunは複数のプラットフォームに対応したJDK 6 Update 4およびJRE 6 Update 4のダウンロード提供をしていると述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから