RealPlayer 10.5と11は「バッドウェア」、StopBadware.orgが指定

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年02月05日 15時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 StopBadware.orgは最新のレポートでRealPlayerを「バッドウェア」としてやり玉に挙げ、他にもJessica Simpson Screensaver、Fake-Mailer、Drive Cleaner 2006、WinAntiVirus 2006などを挙げた。

 実際、StopBadware.orgのリストに挙がっているソフトウェアの中で、よく知られているウェブアプリケーションはRealPlayerとKazaaの2つだけだ。

 大部分の資金をGoogleから調達しているStopBadware.orgは、RealPlayerについて次のように述べている

 われわれがRealPlayer 10.5をバッドウェアであるとしたのは、ユーザーのコンピュータに広告ソフトウェアをインストールするという事実を正しく完全に開示していないからだ。それに加え、RealPlayer 11もバッドウェアであることがわかった。これは、Rhapsody Player Engineをインストールするという事実を開示しておらず、RealPlayerをアンインストールする際にもこのソフトウェアを削除しないためだ。

 われわれはユーザーに対し、われわれがテストしたバージョンのRealPlayerについては、ユーザーがこのソフトウェアの判明した振る舞いに満足しているか、このアプリケーションが本レポートに記述されている勧告に従って更新されるまで、インストールしないことを推奨する。

 RealPlayerは現在、www.real.comのRealNetworksのページで広報されている。

 RealPlayer 10.5はMozilla Firefoxの「Missing Plug-in」機能やBBC Radioのウェブサイトなどのチャネルで配布されている。

 StopBadware.orgの見方は、私が以前RealPlayerに対して文句を言ったときのものと大きな違いはない。RealNetworksの名誉のために言えば、同社はRealPlayerの最新のバージョンでは、私の不満の多くを修正した。

 同グループはRealNetworksに対し、RealPlayer 10.5のメッセージセンターの広告としての動作の性質について開示するように勧告している。RealNetworksはこれらのことをインストール時に概説すべきだ。RealPlayer 11については、RealNetworksはRhapsody Player Engineがインストールされることをはっきりと説明する文章を提供し、これをアンインストールするための手段を追加すべきだ。

 Ryan Naraine氏は、RealNetworksは将来のバージョンではこれらの問題を修正するだろうと報じている。そうした方がいい。Stopbadware.orgのクラブにいることは、ビジネスには良いことではない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?