もっとも影響力を持つセキュリティ専門家は誰か

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年02月15日 08時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ryan Naraineが、セキュリティ分野でもっとも影響力を持つ人たちのリストを作成している。

 以下がそのスライドショーにまとめられているリストだ。このスライドショーはあまりにも早送りになっていて、2枚のスライドを見たところでトイレに行ったら、戻ってきた時にはすでに終わってしまっていた(どうしても行く必要があったのだ)。

  1. Tavis Ormandy氏、Googleセキュリティチーム
  2. Ivan Krstic氏、One Laptop Per Child
  3. Chris Paget氏、IOActive(実際には同氏は今Googleにいる)
  4. Bunnie Huang氏、Bunnie Studios
  5. Michal Zalewski氏、Google
  6. Window Snyder氏、Mozilla
  7. MOABのハッカーたち
  8. Dino Dai Zovi氏
  9. Michael Howard氏、Microsoft
  10. HD Moore氏、Metasploit
  11. Dave Aitel氏、Immunity
  12. Bronwen Matthews氏、Microsoft
  13. John Pescatore氏、Gartner
  14. Rob Thomas氏およびTeam Cymru
  15. Stefan Esser氏、Hardened PHP Project

いくつかのポイントを挙げておく。

  • このリストにはGoogleが多すぎる。
  • 私なら、単純に影響されている人数の大きさを考えて、KristicとHowardの順序を逆にする。
  • また、私ならひょっとすると、MetasploitとMOABの人たちをもっと上に上げる。
* The list is Google heavy. * I’d flip Krstic and Howard just based on sheer number of people affected. * And perhaps I’d bump up Metasploit and the MOAB gang.

 ご意見は?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから