ブロック型デバイスへのI/O要求処理で、物理容量を越えたI/O要求が検知されたときに表示されるメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年02月18日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

device: rw=0|1, want=want, limit=limit

対処

メッセージより問題の発生したブロック型デバイスと領域情報を確認する。ファイルシステムに異常が生じている可能性があるため、fsckコマンドにより、確認したデバイスのファイルシステムの整合性検査、および修復を行う。

説明

ブロック型デバイス(ハードディスク、フロッピーディスク、CD-ROMなど)へのI/O要求処理にて、デバイス・ファイルの物理容量を越えた領域に対するI/O要求が検知されたときに、以下の情報を表示する。

  • 問題が発生したデバイス
  • I/Oの種類
  • I/Oサイズ

このメッセージが表示された場合、I/Oは実行されず、エラーで終了する。

ファイル・システムが認識するファイル領域情報とデバイス・ドライバが認識する情報が異なっていた場合に表示される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR