VMwareのセキュリティ戦略:ハイバーバイザーでハッカーを排除する

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年02月28日 19時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VMwareが鳴らされた警鐘に応えるのに長くはかからなかった。同社は米国時間2月27日、VMsafeと呼ばれる技術を発表した。これは、仮想化ソフトウェアの要であるハイバーバイザーとセキュリティソフトウェアの統合を狙ったものだ。

 VMsafeによって、VMwareはセキュリティアプリケーションベンダーがマルウェアを退ける製品を開発することを可能にするAPIを提供する。仮想化環境のセキュリティは大きな問題になろうとしており、すでにいくつかの脆弱性が明らかになっている。

 VMwareはVMsafeによって、この脅威に先んじようとしている。同社は声明で、「VMsafeの技術はVMwareのハイパーバイザーに統合され、ウィルスやトロイの木馬、キーロガーなどの脅威や攻撃が仮想マシンに到達するのを防ぐ透過性を提供する」と述べている。

 また、すでにセキュリティベンダー20社が製品開発のためにVMsafeで契約している。これらのベンダーが仮想化技術のためのセキュリティ製品を開発しないとすれば、ばかげたことだ。仮想化技術はすばらしい成長曲線を描いている。

 これらの今後登場する技術は、VMsafeと結びついて仮想マシンのメモリやCPU、ディスク、I/Oシステムなどをのぞき込み、監視する。当座は、まもなくこれらのセキュリティ騎兵隊が駆けつけてくれることを念頭に置きつつ、次善の策で問題を回避していくことが望ましいかも知れない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR