ブートパラメタclockによって、カーネルに対して使用するタイマの種類を指定できるというメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年03月04日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: clock= override failed. Defaulting to PIT

対処

指定したタイマが使用されなかった原因は、該当タイマが搭載されていない、機能していないなどが考えられるため、該当タイマの状態を確認する。タイマによってはエラーの原因を示すメッセージを出力していることがあるため、原因を調査し、対処する。 また、PITタイマの使用を避けたい場合は、ブートパラメタclockに他のタイマを指定する。

説明

システム起動時に、ブートパラメタclockによって、カーネルに対して使用するタイマの種類を指定する事が可能である。ブート時のタイマ初期化の過程において、指定したタイマを初期化できず、標準に搭載されているPITタイマを使用する場合に、本メッセージが出力される。

指定したタイマが使用されなかった原因は、該当タイマが搭載されていない、機能していないなどが考えられる。タイマによってはエラーの原因を示すメッセージを出力していることがある。

本メッセージを出力した後は、PITタイマを使用してサービスを開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!