Local APICの構成モード(Logical Destination Mode)の情報を示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年03月19日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Enabling APIC mode: mode. Using number I/O APICs

対処

通知情報のため、対処の必要なし。

説明

Local APICの構成モード(Logical Destination Mode)の情報。

例:モードがflat、0番のI/O APICを使用。

SMPシステムにおいてプロセッサ毎にLocal APICが内蔵される。周辺機器から発生した割り込み信号はまず、I/O APICへ転送される。I/O APICが割り込みメッセージを予め指定されたプロセッサのLocal APICへ転送する。そのとき、Local APICの指定に以下の方法が使用される。いずれもマルチプロセッサシステム(MP System)のハードウエア構成に依存する:

1. Physical Destination Mode

  Physical APIC Idを使用しLocal APICを決定する。

2. Logical Destionation Mode

  Logical APIC Idを比較し、Local APICを決定する。このモードでは、次のモデルのいずれを使用する。

2-1. Flat Model

2-2. Cluster Model

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから