偉大な企業は「最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」(ZDNet Japanブログより)

こまつ みつのり 2008年03月26日 19時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 去年の秋頃に「ビジョナリーカンパニー2」という本を図書館で予約していたのですが、なかなか順番が回ってこなくって、年を越してすっかり春めいてきた一週間前に、ようやく借りることができました(長かった…買えばよかった)。

 ....この本を読んで、最も衝撃を受けたのは、偉大な企業は「最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」こと、でした。偉大な企業となった11社は「なにをやるべきか」という目的地を決める前に、「誰を選ぶか」を先に決めているのです。本の中では企業をバスにたとえ

適切な人をバスに乗せ、不適切な人をバスから降ろし、つぎにどこに向かうべきかを決めている
と書いています。 そしてその適切さは、「学歴や技能、専門知識、経験」などよりも「性格や労働観、基礎的な知能、目標達成の熱意、価値観」を指しているらしい。

 人材重要。

全文はこちら--「log4day〜1人月からの脱却」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!