モバイル向けブラウザ「Opera Mini」、グーグルの「Android」対応版をプレビュー

文:Jessica Dolcourt(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年04月11日 08時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの携帯電話プラットフォーム「Android」と、そのコンソーシアム「Open Handset Alliance」(OHA)が2007年11月中旬に発表されて以来、携帯電話業界を著しく変容させる可能性について期待が高まってきたが、実際のところは、このソフトウェア開発キット(SDK)を取り巻くコミュニティーやコードは、まだ発展途上の段階にあり、あまり多くの発表は出てきていない。

 だが、Opera Labsは現地時間4月10日、Androidプラットフォームに対応する、モバイル機器向けに設計された人気のあるブラウザ「Opera Mini」のテクニカルプレビュー版をリリースした。開発者は、単に公開されたアプリの試用を進めるのみならず、将来のベータ版へのスムーズなリリースに向けて、どのようなプログラマーからのフィードバックでも受け付けられている。

 OperaのChris Mills氏は、GoogleのAndroid SDKの最新ビルドや、Android対応のOpera Miniへのダイレクトダウンロードリンクとともに、技術的な側面から紹介記事を公開している。Mills氏は、Android向けのOpera Miniが、あくまでもいわゆるAndroid銀河の新参者に過ぎず、Androidの中でOpera Miniを稼動させるコードベース手法は、まだ実験段階であることに言及しており、Android自体も完成からは程遠い状況にあることからすれば、今後もバックエンドのレイヤには必ずや変更が加えられるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR